ゆうめいロゴ.jpg

2019年10月14日の追加公演、『姿』記録映像の期間限定配信のお知らせ

(2019年10月12日13時 発表)

 

ゆうめい制作の黒澤です。


常に強い勢力で上陸する恐れのある台風19号の接近に伴い、お客様、キャスト、スタッフ、関係者の安全を考慮した結果、10月12日(土)13日(日)の4公演の中止を決定しました。
そして、キャスト、スタッフ、劇場、全てのセクションの調整が整いましたので、ご予約いただいたお客様、ご予約してはいなくとも観たかったお客様のために、追加公演を行う運びとなりましたのでお知らせいたします。

決まったのは以下の日程です。

・2019年10月14日(月)18時

既に振替のお客様のお席は確保しております。

12日(土)13日(日)にご予約のお客様にはメールをお送りいたしますので、
お問い合わせフォーム、または、yumei.contact@gmail.com
にご連絡いただければと思います。


確保した上で残りのお席を予約できるようになっておりますので、新規のお客様は予約フォームからご予約ください。
売り止めになっている14日(月)14時の回も毎日少しずつご予約できるようになりますので、

お手数ではございますがご希望の方はこまめにTwitterなどチェックしていただけると幸いです。

『姿』記録映像の期間限定配信に関して

14日(月)18時に追加振替公演がございますが、12日(土)13日(日)に観劇予定だった方で「振替といえど14日も見ることができない」「都合が合わない」との声をお電話、メール、Twitterでいただきました。
そこで、ゆうめいとしての提案なのですが、

以下の日程で、ゆうめい公式HP、Twitter、全日程にご予約いただいた全ての方のメールに、記録映像を公開させていただきます。

ご覧になれるのは以下の日程です。

・2019年10月12日(土)14時から13日21時まで

※記録映像の視聴は下記にございます。

ご予約いただいたお客様、本来ご予約するはずだったお客様、当日劇場で観る予定だった全てのお客様が視聴可能です。

今回配信する映像は、ゆうめいがアーカイブとして残しておくための記録映像ですので、売り物にならないものであり、お客様に邪魔にならない遠くから撮っていますので役者の顔もぼやけています。ご了承ください。

12日(土)13日(日)に上演するはずだった作品の、せめてもの輪郭を想像していただけましたら幸いです。

舞台は、映像では代替不可能なものです。
今はメディアに溢れており、細分化された多様なプログラムが存在します。「この劇場でこのような舞台をやります」と広報をする仕事もしている僕も、テレビもラジオも好きで、Netflixもhuluもamazon prime videoにも入っています。
それに対して違和感を感じる時もあるのですが、それは個人の自由で、矛盾するものではないと自分に言い聞かせています。

事前に予約して何時にわざわざ劇場に来て何円払って何時間か静かに観てくださいとお願いする。
何年も前から企画し、何ヶ月も稽古をし、それでも台風で潰れてしまう。
こんな不便な、インスタントに出来ない、から出来ることが、劇場での舞台にはあるはずです。

毎ステージ違うお客様の中で、キャストは常に新鮮に舞台上に立っていますから、舞台は毎ステージが生ものですし、全く印象が違うことも日々痛感しています。

映像よりも劇場で観ていただけることが何よりの​価値があると考えております。

キャスト、スタッフと配信についての会議をした中で
「有料でご覧になった方に失礼じゃないか」
という意見が出ました。ごもっともだと思います。

舞台は観に来ていただいたお客様に入場料を払ってもらうことで成り立っています。
それを期間限定とはいえ不特定多数の方が観れるようにするのは、事前に予約した人にお知らせするべきことであり、入場料を払ってくださった方との約束を破っています。


ご入場いただいたお客様には、本当に不躾なことをしているということは分かっています。
ただ逆にいうと台風が来たとはいえ、12日(土)13日(日)用意していた600席超に予約できて座るはずだったお客様との約束を破っているとも思います。
ゆうめいは可能な限りの、せめてもの誠意を見せたいと思っています。


本来予約もせず、観る予定のなかった方も観れてしまうじゃないかというご意見もあるかと思います。
ただ、今、僕たちの持ちうるシステムでは、台風を意識して予約できなかった潜在的なお客様に作品の輪郭を届けるためには、一般公開がベターだという結論に至りました。

僕たちの決断を、どうかご理解いただけたらと思います。

今後ともゆうめいをよろしくお願いいたします。

 

ゆうめい制作
黒澤

https://www.yu-mei.com/sugata

『姿』記録映像の期間限定配信

配信期間:2019年10月12日(土)14時から13日21時まで

台風19号に伴う12日・13日の上演中止について

(2019年10月11日 発表)

ゆうめい代表、作・演出の池田 亮です。

昨日10日夜、ゆうめい制作の黒澤より“ゆうめい『姿』” 10月12日(土)14時と19時の回に関しまして、上演中止のお知らせをいたしました。

重ねて、10月13日(日)14時と19時の上演につきまして、常に強い勢力で上陸する恐れのある台風19号の接近に伴い、お客様、キャストスタッフ、関係者の安全を考慮した結果、公演の中止を決定しましたことを、お知らせいたします。

振替については対応を検討しておりますので、今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

12日(土)・13日(日)の4公演を楽しみにしてくださった方々、本当に申し訳ございません。

本日10月11日11時頃に劇場の森元さんから舞台監督の黒澤多生くんへ、非常に強い勢力で上陸する恐れのある台風19号の接近に伴い、来館者の方々の安全を考慮し「12日及び13日は休館とさせていただきたい」と三鷹市からお願いが来ているとのお電話をいただきました。

その後すぐさまLINEの『姿』キャスト・スタッフのグループ電話にて共有し、

台風19号によって予想される記録的な大雨や暴風による甚大な被害、13日の昼頃まで運転を見合わせるとの電車の計画運転状況(10月11日現在)により混雑が予想される劇場へのアクセス、台風の被害により想定される状況を話し合った結果、13日の上演中止が決まりました。

劇場の森元さんから、

なんとか13日の公演は実施できないかと、せめて13日の夜公演は実施できないかと、昨晩から市役所の方々と協議してまいりましたが、JR東日本の計画運休が13日の昼頃までは間違いなく実施され、倒木や電気トラブルがあれば(路線によっては)終日運休もあり得ること、そして、先に甚大な被害をもたらした台風15号よりも大型で、東京直撃の可能性があることを踏まえ、三鷹市内の全公共施設を閉館し、安全確保を最優先とするという決定が、三鷹市よりされましたので、13日の公演は、開催していただくことができなくなってしまいました。

とのご連絡をいただきました。

『姿』の12日13日の公演に関して、森元さん始め、三鷹市役所の方々、キャストスタッフの方々にご尽力していただいたこと、感謝申し上げます。

『姿』は三鷹市、そして三鷹市芸術文化センター、皆様と共にクリエイションをする公演であることを更に強く感じております。

皆様の安全を第一に考慮した判断であることを、何卒ご了承ください。

12日13日にご予約いただいた方々、楽しみにしていただいた方々、重ねて深くお詫び申し上げます。

誠に申し訳ございません。

どうか安全な状態で、最後まで隅々まで観ていただき楽しんでもらいたいというのが今の願いです。

11日、14日の公演に尽力いたします。本当に多くの方々に観ていただきたいです。​

まだ14日の千秋楽を迎えていないのですが素晴らしいキャストスタッフ、観ていただいた方々からのお言葉もあり『再演』と言う言葉も恐ろしいほど頭に焼き付いてもいます。

現在、何かできないかをずっと話し合っております。

​進捗があり次第、皆様へお伝えいたします。

今後とも、ゆうめいをどうかよろしくお願いいたします。

ゆうめい代表

『姿』作・演出

池田 亮

https://www.yu-mei.com/sugata

台風19号に伴う上演中止について

(2019年10月10日 発表)

ゆうめい制作の黒澤です。

この度、上演を予定しておりました “ゆうめい『姿』” 10月12日14時と19時の上演につきまして、大型台風接近に伴い、お客様の安全を考慮した結果、

公演の中止を決定しましたことを、お知らせいたします。

楽しみにしてくださった皆様、大変申し訳ございません。

ご予約いただいた方には振替のメールをお送りしております。大変お手数ではございますが、ご連絡頂けますと幸いです。

 

10月10日17時に星のホールのロビーで、台風19号が直撃するであろう10月12日を上演中止にするかの会議を開きました。
作・演出の池田くん、舞台監督の黒澤多生くん、劇場の森元さん、制作の僕が集まりました。

 

19時の回は上演中止の判断でまとまったのですが、14時の回に関しては意見が割れました。

フォロワーさんが教えてくれた天気図のアプリを見て唸ったり、次の日の計画運行まで結論を待とうと言った話が出ました。

みんな諦めずに上演がしたいので、うまくまとまらなかったのですが、
「倒木などにより線路が塞がれたらどうする」
という話から、お客様が帰れない、役者・スタッフが帰れない、帰れてもパニック状態の電車に乗らなければならない、それは演劇体験として僕たちが届けたいものではないのではないか、となりました。

この度は公演中止の決定となりましたこと誠に申し訳ございません。
重ねてお詫び申し上げます。
僕たちが想像力を駆使した結果です。
どうか、ご容赦いただけますようお願い申し上げます。

今後ともゆうめいをよろしくお願いいたします。

 

ゆうめい制作
黒澤

https://www.yu-mei.com/sugata

©2015 - 2020 Yu-mei.com All Rights Reserved.